訪問美容とは

03_t001

出張訪問美容サービスとは、高齢者、障害者(児)、疾病等で外出が困難なため美容室のご利用ができない方のご自宅や、高齢者施設(有料老人ホーム・グループホーム・特養・老健・デイサービス施設)、各福祉施設、病院等に訪問させていただき美容室で行う美容サービス全般をご提供いたします。

訪問美容の必要性

03_t002

一般に美容サービスを利用すると、利用者様に喜々とした喜びの表情が生ずるなど、情緒面の変化や自尊感情が高まり、「外出してみたい」「髪型に合ったオシャレをしてみたい」 といった精神活性化にもつながります。

福祉美容サービスにおいては、様々な条件におかれた利用者への技術提供を行わなければならないため、介護知識・技術を習得したうえでの対応は、安心と快適を生み出します。

また生活の質の向上のみならず、失われた社会性の回復を図るうえで、極めて有効適切なサービスのひとつと考えています。

訪問美容を通して

03_t003

高齢者のみなさまに美しさと元気と明るさなど生きる喜びを創造するサービスです。 ご利用者様とは、一生のお付き合いができるよう、まごころをこめたサービスを提供します。

・介護支援の一助を担う
・自立支援のお手伝いをしたい
・地域の福祉に貢献したい
・女性はいつまでも美しくありたい
・真心を伝えたい
・外出が難しい人にももっとおしゃれを楽しんでほしい
・カットの後のきれいになったお客様の笑顔がココロの喜び

訪問美容ココロと同業他社との違い

03_t004

現状の多くの出張訪問美容サービスは、美容室の通常営業の傍ら、時間を調整してお客様のご自宅や、各施設、病院等を訪問して美容サービスを提供しております。

サービス内容もカットが主体で、美容室で行うサービスには、程遠く本当にお客様に満足頂ける内容ではないこともあると耳にいたします。

また、訪問する美容師は介護の資格はもとより、高齢者の方や、障害者(児)の方に対する理解や介護経験のない美容師がサービスを行っていることが多いです。

一方、訪問美容ココロは、出張訪問美容専門のサービスに特化しており、訪問させていただく美容師は介護の知識・経験者がお伺いいたしますのでご安心ください。

高齢化と訪問美容の必要性

日本は高齢化社会へと突き進んでいます。
現在、5人に1人が高齢者という社会で、高齢者、障害者(児)、疾病等で外出が困難な方々のために、美容をご提供させて頂く訪問美容の必要性が高まっています。

中々外出することが困難であり、ヘアカットを始めとする美容に対する想いや、人との接触、コミュニケーションを取ることが難しいのが現状です。

ヘアカットをして、外見だけでなく、訪問美容師スタッフとコミュニケーションを取ることにより、心の身体も元気になり、明るい笑顔を同時に提供できるのが訪問美容だと考えています。

この高齢化社会の日本で、今後も訪問美容はご利用者様にとっては必要不可欠なサービスになってきます。

「平成21年度高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況」はこちら